日本語電話 : +61 488 005 958 メール : info@djsmith.com.au
ケアンズの不動産を日本語でご案内

お客様の声

HK様(京都) Westcourt(ウエストコート)のユニットをご購入

ケアンズの不動産に興味を持ったのは昨年の夏ごろです。マレーシアやタイといったアジア地域でコンドミニアムに投資してきましたが、アジア以外の先進国にも安定資産として不動産を保有したかったので、日本からのフライト時間がそれほど負担にならないケアンズを候補にしました。ネットでケアンズの不動産会社を探していたときにDJスミスさんのホームページにたどり着きました。DJスミスさん発行の毎月のケアンズレポートを楽しみにしておりまして、あるとき目に留まったのがケアンズ中心部に近いWESTCOURTの新築アパートメント(1ユニット)です。

現地訪問する時間がとれなかったので、熊谷さんからの現地情報をもとに日本から買付のオファーを入れました。銀行融資の申請も熊谷さんから日本人のとても親切なブローカーさんを紹介していただき必要書類(英語)のやり取りをメール(日本語)で行いました。
契約締結業務を代行してくれる現地弁護士の先生もオーストラリア在住の日本人の方を紹介していただき、契約締結業務等を日本語で先生のサポートを受けながら行いました。
私は英語が苦手なうえ、今回はオーストラリアの不動産購入が初めてだったこともあり、当初は不安もありましたが、買付オフォーから決済に至るまで熊谷さんには要所要所でアドバイスしていただき日本に居ながら購入プロセスを進めていくことができました。

銀行ローンも申請時には80%ローンを期待していたところ最終的には70%しか下りませんでしたが、熊谷さんが売主と価格交渉してくださり、最終的に売主が値引きに応じてくれたため不足している頭金の分を補って何とかこの物件を購入することができました。

物件購入後も決済日翌日から賃借人様の入居手続き、毎月の収支報告、保険会社の紹介、管理費、市税の代行支払い等、管理業務全般を日本語メールでサポートしてくれています。

今後も日本人の海外不動産投資は加速していくと思いますが、ケアンズを検討している日本人投資家にとって自分の購入条件を伝えて熊谷さんに相談すれば、物件紹介から銀行融資、弁護士紹介、購入、賃貸管理に至るまでワンストップでサポートしてもらえると思います。
英語が苦手な私でも日本に居ながら今回の投資スキームを確立できましたので是非皆様も熊谷さんに相談してみてください。(2014年3月)

YM様(永住) Westcourt(ウエストコート)のユニットをご購入

近い将来ケアンズにユニットを購入したいと思いながら日々ネットや新聞でユニット価格や希望サバーブを注視していました。そんな折、2013年にミホさん主催の「ファーストバイヤーセミナー」の記事を偶然目にし参加させていただきました。私がユニットなんてそんな高い買い物、しかも海外でできるのだろうか?と少し弱気になりかけていた時期だったのですが、そのセミナーでローンの手続きや仕組み、不動産購入時のアドバイスなどたくさんの有益な情報を得ることができ下がりかけていたモチベーションがぐっと上り、その後ユニット購入の夢がより現実的になっていきました。そして、そのセミナー参加半年後にまさか本当に自分が希望通りの物件に入居することができるなんて想像すらしていませんでした。

ミホさんにお世話になってよかったことは、

  1. 親身になってくれる
  2. 丁寧でわかりやすい
  3. フットワークの軽さ
  4. 日本人ならではの心遣い
  5. アフターフォロー

です。

  1. 住宅ローン借入れで銀行と少し手間取った際、的確かつ具体的な解決策を提案、同時によりスムーズにいくように売主さんと再度価格交渉してくださったりと本当に助かりました。交渉スキルはさすがプロだなと感心しました。一度はもしかしてダメになるのかなと不安になりましたが、私の夢をかなえてくれるために頑張って交渉してくださったミホさんに感謝です。
  2. 一番不安に感じていた契約書、ローン関連の手続きの際も分かりやすい言葉で説明してくださり、次の手続きはこうなって、その次の手続きはこういう流れですとステップバイステップでガイドしてくださりとても心強かったです。こちらからの質問に対しても分かりやすく回答していただき、不安がひとつずつ解消されていきました。
  3. 少しでも不安に思ったり、疑問があったときの「聞いてみますね。」「やってみますね。」とアクションをすぐ起してくれるミホさんのフットワークの軽さをとても頼もしく感じました。
  4. ローンの申請も通りあとは決済を待つのみという間も「○○はされてますか?」などリマインダーをしてくれる心使いは日本人ならではだと思いました。
  5. 契約完了後、はい、さようなら。ではなく、入居後もユニットの敷地内の設備の質問や管理費の疑問などにも丁寧に答えてくださり引き続きフォローしていただいています。

このたび、物件を見学してから引渡しまでスムーズに無事終了できたのもひとえにミホさんの豊富な経験とお人柄のおかげだと本当に感謝しております。とても素敵な物件を紹介してくださり本当にありがとうございました。(2014年1月)

Rさま(永住) Northern Beachノーザンビーチのユニットをご売却

このたび自宅Unit売却をDJスミスさんにお願いしました。

もしかしたら売るかもしれないという状況が1年半ほどあったので、その間に何件か他の不動産屋さんにも家を見てもらっていました。

ケアンズの物件がちょうど底値といわれている時期でもあり、不動産会社により家の評価、手数料、新聞広告の値段設定にも幅があるなぁというのが実感です。

家を売る立場としてはなるべく高い値段で売りたいわけで、DJスミスさんからたくさんの資料を見せてもらい、売れる値段をうまく引き出してくれたと感謝してます。

一番の決め手はダーシーの「あまり高い値段設定をすると、売り手は最後の最後に自分たちの売りたかった値段より低い値段で売ることになる場合が多い」という経験からくるアドバイスでした。

美保さんにも「$XXX,XXX内にするとインターネットのヒット件数が増えますよ」という具体的なアドバイスをもらい売値設定、ダーシーの写真撮影、WEBサイトへの掲載、問い合わせ対応とすべてスピーディーにスムーズでした。

WEB掲載後もWEBへのヒット件数の報告、オープンハウスを開催したほうがいいというお声かけ。(1度目のオープンハウス来訪者から翌日オファーが入り、契約となりました)

美保さんとは日本語でやりとりできることもあり、家をとにかく早く売りたいのか、または時間をかけても自分の売りたい値段で売りたいのか、自分のスタイルを決めておけば希望どおりに動いてくれるエージェンシーだと思いました。

ダーシー、美保さん、このたびは自宅売却にあたり本当にお世話になりました!これから元気を取り戻すであろうケアンズ不動産業界で益々ご活躍ください。(2013年12月)

HKさま(永住) Bentley Parkベントリーパークの戸建てをご売却

一度購入したマイホームを手放す際には、どんな理由であれ、誰もが経験豊富で誠実かつ迅速に対応してくださる不動産業者を利用されたいことでしょう。

また、海外に住む私たちにとっては、不動産売却に伴う複雑な手続き等に関して、母国語である日本語で、その都度丁寧に説明を受けることが出来ることは、大変大きなメリットとなります。

私が今回の物件売却に関して、みほさん、ダーシーにお手伝いしていただいたことは、本当に正解でした。

まずはじめに、私が物件の売却を考えているとお話してすぐに、現在の不動産市場の動向や、私の住むエリアにおける近年の物件売買履歴等の資料を作成してくださり、親身になって相談にのってくださいました。

専門家としての、物件を市場に出す時期に関するアドバイスや、インテリアデザイナーとしての経験を持つダーシーによる、ペイントカラー選びのコツ等の助言なども、物件をマーケットに出す際に大変参考になりました。
また、ダーシーには、より多くの人の目を惹く数々の素敵な写真を、大変時間をかけて撮っていただきました。写真一枚で、どれだけの人が興味を持ってくださるかが変わる、ということを熟知されていたからゆえに、このように情熱を持ってお仕事してくださったことに感謝しております。

常に、何らかの動きがあれば、その都度ご連絡を頂いたりと、いつも円滑なコミュニケーションをとってくださり、本当にストレスフリーで、かつ、思っていたよりも早く買主を得ることができたのは、他ならぬ、みほさん、ダーシーのおかけです。
『時は金なり』という言葉そのもので、一度物件を市場に出してからは、時間が経てば経つほどその相場は下がります。DJ Smithさんには、売主の立場に立って、適正な価格で最短時間で売れるよう、積極的に売却行動をしていただき大変感謝しています。
また売却後、引越しをして違う都市に住む今でも、みほさんには、不動産に関する相談にのって頂き、今回の物件売却を通して出会えたこのご縁をうれしく思っています。(2013年10月)

K & Y様(永住) Westcourt(ウエストコート)の戸建てをご購入

お二人に初めて出会ったのは、2012年の「ファーストバイヤーセミナー」に参加した時でした。その時は家の購入など夢の話でしたが、友達に誘われたので参加させていただきました。興味深いお話でしたが難しい内容も多く、その時は『家を買いたくなったらまず最初にDJ Smithに相談』と頭に入れて帰った覚えがあります。

そんなセミナーから半年後、ちょっとしたきっかけで家を購入したいと考え始めた時にあの『家を買いたくなったらまず最初にDJ Smithに相談』の記憶が役立ちました。すぐに電話して会って話をさせていただきました。漠然とした考えがだんだん具体的になり、数多くの物件を見ていく中で、当初探していた家とは全く違った家を探すようになっていました。

どんな時でも臨機応変に対応して下さるDarcyさんMihoさんは、とても優しいけれど、とても厳しいです。まるで自分の家を探すかのように親身になって一緒に探してくれました。初めての相談から契約までたった1か月。何件の家を見学させていただいたことか。私たちでも疲れてしまいそうなのに、休日返上で助けていただきました。

私たちはケアンズに住んでいますが、今までにも言葉の違いだけでなく、文化、習慣が異なり、当たり前が当たり前でない事も色々ありました。
今回の家の購入に関しても、英語での難しい話、沢山の書類、日本とは違う手続きも多くありましたが、常にサポートしていただき何の心配や不安もなく契約まで進みました。

ここに住み始めて数か月。マイホームって良いですね。手をかけるたびに、どんどん素敵になっていきます。まだまだ手をかけたい部分はありますが、私たちはとてもHappyに暮らしています。

家の購入は大きな買い物でした。そこには家との出会いだけでなく、人との出会いがありました。どんなややこしい手続きがあっても、信頼できる不動産の方がいれば心配ないと思います。
私たちはDarcyさんMihoさんに出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。(2013年9月)

(Kさん&Yさんのご購入にあたっては、「バイヤーズエージェント」として、物件探しのお手伝いをさせて頂きました)

KF様(東京) Westcourt(ウエストコート)のユニットをご購入

大好きなケアンズに素敵なフラットを購入できたのは、美保さんとダーシーさんのサポートのおかげであると、お二人に本当に感謝しております。

文字通りにお二人のサポートと言えるのは、今回の購入にあたってのオークションに、バイヤーズエージェントとしてわたしの代理人として参加をしてくださったのです。緊迫したオークションの状況を東京にいるわたしに逐次ご連絡いただき、ドキドキしながらのわたしの判断を冷静に受け止めてくださり、最終的にみごと物件をせり落としてくださいました。

思い返せば、美保さんに初めてお会いしたのは、数年前に休暇でケアンズを訪れたときでした。以前シドニーに住んでいたころから、ケアンズのゆったりとした時間の流れと日本から近いところを気に入って、いつかケアンズに不動産を購入したいと考えていたのです。

そうはいってもかなり漠然としていたわたしの希望に対して、美保さんは今と同様にきびきび且つ優しく応じてくださいました。当時は購入には至らなかったのですが、数年後にオークションで購入することになったのは、そのときに見せていただいたリゾートスタイルのコンプレックス内の物件でした。

以前にわたしが興味をもった物件を憶えていて、タイムリーにオークション情報を提供してくださるという、まさに美保さんならではきめ細やかな対応です。その対応が、ダーシーさんのオークションで物件をせり落とすという確実な行動力と相まって、お二人の絶妙なパートナーシップとなっていて、他では得られないサービスが可能になっています。

物件購入前後の様々な事務手続き、テナント募集、物件管理にいたるまで、遠く日本にいても、電話やメールで距離を感じることなく安心したサービスを提供していただいています。これも、お二人の絶妙なパートナーシップのおかげであると、物件を購入して数カ月たってあらためて感じています。これからも安心して、美保さんとダーシーさんにお世話になっていくつもりです。

同時に、ケアンズでの不動産売買、賃貸借を考えていらっしゃる方には、自信をもってDJ Smith Propertyを推薦したいと思います。(2013年7月)

藤代様(愛知) Mooroobool ムールブールのチャイルドケアセンター“Butterflies Early Learning & Childcare ”をご購入

「オーストラリアでチャイルドケアセンターを買いたい!」と私が夢物語のような希望をもったのは昨年の7月の中旬でした。まわりの人たちは希望を熱く語る私に対して「あんた本気?」という視線で殆どの人が冷ややかな反応でした。その中で私の母は「あんたがやりたいなら協力するから頑張りや」と言ってくれました。母には本当に感謝しています。

仕事でケアンズのチャイルドケアセンターを何度か訪れたことがあった私はオーストラリアのチャイルドケアセールのサイトで、以前訪れたケアンズのチャイルドケアセンターが売りにでていることを知りました。写真を見た瞬間にムールブールのチャイルドケアセンターだとわかりました。たまたま行ったことがあるセンターが売りに出ているなんて、よっぽどの縁があると思い、買いたい気持ちがとても強くなりました。

英語が苦手な私は、日本語がわかる方を探さなきゃと思いDJ Smith Propertyのサイトを見つけました。さっそく美保さんに電話をし、こういう物件があるからという話をするとすぐに現場を確認しに行ってくれたり、売り主さんと話をしていただいたり迅速な対応をしてくださいました。今思うと日本からの見ず知らずの人からの電話に対して誠心誠意対応して下さったのは美保さんだからやって頂けたのではないかと思います。

購入するまでの数ヶ月の間、不動産売買だけでなく、会社を設立したりビジネスの権利を売買したり、それは本当に大変複雑なものでした。何もわからない私に美保さんは関係者の方々の紹介から細かい調整など、本当によく考え助けてくださいました。いろいろな手続きを同時に進行していかなければならなかったので決済が期日までに行うことができるか最後まで不安でした。その間に私の母の入院や祖母の死など、私の周りで予想だにしない色々なことがあり、その時も美保さんは励ましてくれて私は立ち直ることができました。関係者の方々のお陰で決済日までに全ての手続きが完了しました。その時の感動は今でも忘れることができません。

私は十数年間日本で保育に関わる仕事をしてきました。「日本だけでなく海外でもこどもの幼児期に関わる仕事がしたい」という思いで話を進めてきました。まだ購入して間もなくわからないことだらけですが、今回購入するにあたり出会うことができた美保さんはじめいろいろな方々に感謝して、これからこどもが安心して過ごせるような、保護者が安心して預けることができるようなチャイルドケアセンターにしていきたいと考えています。(2013年4月)

宮本様(東京) Clifton Beach クリフトンビーチの戸建てをご購入

美保さん、この度はケアンズの不動産購入でいろいろお世話になりました。

そもそも私がケアンズというかオーストラリアの不動産購入をするきっかけは、2011年3月11日の大震災による福島原発事故でした。そこで私は子供の将来を考え、地震大国であり原発大国の日本から脱出する計画を立て、候補地を探したところオーストラリアが浮上しました。

オーストラリアに住むメリットは次の通りです。

1.地震がない
2.原発がない
3.南半球にあるので、人が少なく汚染が少ない(北半球は人が多い=汚染が多い)
4.相続税がない
5.土地の所有権がある
6.オーストラリア人が明るくフレンドリーである。
7.賃貸の空室率が低く(一軒家で2%、マンションで4% *2012年1月時点)、とりあえず住む予定がなくても、家賃収入を得ることができる。

またケアンズを選んだ理由は、他の都市に比べてまだまだ人口が少ないため、シドニーなど他の都市よりずっと不動産価格が安いことと、グレートバリアリーフと熱帯雨林の世界遺産があり、自然が豊かで住みやすいことです。(空がとっても青く澄みきっています)

ネットでいろいろ探していたところ、2012年4月頃美保さんのサイトで建築途中のクリフトンビーチに徒歩2分のプール付一戸建て物件を発見、何回かのメールと電話のやり取りをした後、5月下旬にケアンズに行き、物件を見て購入を決めました。

ただ私は英語が出来ず、ケアンズの不動産に全く知識がなく、騙されたりしないかなど不安だらけでした。しかし美保さんはそんな不安を払しょくしてくれました。いろいろな質問にも懇切丁寧にいろいろ教えてくれたので、こちらはサインをしたりお金を払うくらいで、問題なく日本では到底買えないような安くて素晴らしい物件を手に入れる事が出来ました。

ゆとりが出来たらまた買いたいと思うので、その時は宜しくお願いします。

K様 (愛知) Cairns North ケアンズノースのユニットをご売却

今回は大変お世話になりました。みほさんのおかげで何もかもがスムーズに行えました。すべてのことを先回りして下さり、何かしなければならない情報を、私達がすぐにできるように細かな配慮を下さったことを、本当に感謝しております。

これは日本人だからではなく、みほさんだからであって、みほさんに出会えたことを嬉しく思っております。みほさんもくれぐれもお体に気をつけてこれからもお仕事頑張ってください。(決済直後に頂いたメールより)

最近ちょっとケアンズが恋しくなっている私達です。「でも、もう家ないもんな~。」って主人に言ったら、「またみほさんにお願いして、買えばいいやん」って会話をしています。そのときは是非お願いします(笑)。(決済1ヶ月後に頂いたメールより)

遠山様 (東京)Port Douglas ポートダグラスのシェラトン・ミラージュ内ビラをご売却

シェラトンミラージュのビラを購入したのが1989年でしたから23年も昔のことでした。昔のミラ-ジュは、世界の賓客が集まる品格のあるリゾートで、それはミラージュそのものでした。

昨年のお正月、何年か振りにビラに滞在した時には、ビラやホテルの余りの変わりように愕然としました。家具や室内の痛みがひどかったため、美保さんに修理をするよう手配をお願いしたところ、私の要望を理解し、シェラトンのマネジャーや担当者との折衝、数々の修理の手配や確認、テレビやインテリア等の交換搬入等、進捗を管理し監督して頂きました。そのお陰でその後のセールでの買主様の建物検査では問題となることが何も有りませんでした。

セールでは新聞広告を出したその日に満額でオファーが入るという素晴らしい結果で驚かせて頂きました。私の予想では、6か月で成立すれば良し、1年は掛かるだろうと思っていました。美保さんの迅速で正確な働きに感謝しています。

矢口様 (永住) Redlynch レッドリンチのユニットをご売却

私は、オーストラリアに生活して約20年が経ちます。お引越しをする事、数回、又、家を売却する事も3回という経験が有ります。その中で、とりわけ、非常にスムーズに成功して下さったのが、今回の私のユニットの売却をしてくださったダーシーさんとミホさんでした。売却が難しい時期でしたので、売るのか?お貸しするか?と、迷ってもおりましたが、遠くへ越す都合上、売れるものならば!という希望がありました。まずは、お話からと、ミーティングも迅速に来て下さり、ためしにオープンハウスもと計画して下さり、又お写真も良いカメラで、上手にお部屋を撮ってくださり、広告も早くうまく作り上げて、進めて下さいました。その業務はプロフェッショナルでした。

何と、オープンハウスを行う前にもう、見に来て下さった方にすぐに、決まりました。又、買い手と売り手の相互への気配りとセンスは、さすが!でした。

お陰様で、気持ちよく希望の通りに売却出来ました。家は売却、購入する上で、価格交渉と条件、引渡し前までのプロセス、様々とこれらがうまく行かないと、ストレスが一番、こたえます。そのパイプ役としても、彼らはとても感じが良くて頼りがいがあります。

又、ここへ、新たにお引越しをする時も、私と息子の為に、こちらでの彼らのお知り合いの方をご紹介頂き、今も快適に生活しています。

私は、信用と実績、そして個々に経験もある、相談もしやすい!というこの方達の会社をご推薦申し上げます。

高木様(さいたま市) Cairns Cityケアンズシティのユニット、Redlynchレッドリンチの戸建てをご購入

私は日本国内でごく普通のサラリーマンをしているものですが、初めて買った自宅より子供の進学先近くに引っ越す事になったのを契機に賃貸を始め、今では数件の不動産を取得するにまで至った事から、国外の不動産にも興味を抱くようになり、ケアンズではユニットと戸建を所有・賃貸しております。それまでケアンズには行った事もない初めての場所でしたが、子供を留学させるのには良い環境である事を聞き、当時幼稚園児であった息子をチャイルドケアに入れた事をきっかけに自分達の住み場所も確保しようじゃないかという事でミホさんに物件を案内頂いたのが2008年のことでした。その頃は1ドル100円台で物件は50万ドルを超えるものばかりでとても手に入れられるような状況ではなかった為、何度もケアンズを訪問しながらケアンズ市場をずっと注視していました。

その後世界金融危機が起こり1ドル50円台にまで下がり、ほとんどサブプライムの影響を受けなかった豪州は最大の投資チャンスとみて戸建とユニットを立て続けに購入する事となりました。そのきっかけとなったのはミホさんからの1通のメールでした。40万ドル未満でギャランティーも付けて貰えるとの事、即購入申込みをし、何度もタイムリーなメール(とても詳しく分かり易く丁寧です)で購入手続きが進められ、見事購入する事が出来ました。

同時進行的に戸建ても竣工したのですが、竣工と同時にテナントさんも見つけて頂き、迅速な電話対応もうまく取り入れながら、全ての手続きを遅延させる事なく、手続きが進んだ事にとても感謝しております。

不動産は買ってからの管理に不安を覚える人が多くいらっしゃいますが、特にケアンズ在住ではない私にとってはとても重要な事です。しかし、いつもケアンズにミホさんがいるという安心感は何事にも変えられません。日本人的なきめ細やかなサービスとオージーの大胆な交渉力を提供するケアンズ唯一のエージェントの今後のご活躍に期待しております。

中山様(永住) Whitfield ウィットフィールドのドゥープレックスをご購入

ダーシーさんに会ったのは、新聞をみて不動産物件のインスペクションに通う週末を3ヶ月ほど続けていた時でした。

不動産購入というのは人生で最大の買い物ではないか、と思っている日本人は多いと思います。そして、日本でも経験したことのないこの大きな買い物を、言葉や習慣.法律の異なる外国ですることは、喜びとともに、多大なストレスや不安がありました。そんな私たちに、ダーシーはとても穏やかに 誠実に対応してくれました。

例えば、こちらの希望をゆっくり聞いてくれる、見たい物件があると言えばすぐに手配をしてくれる、彼のお勧めの物件を紹介してくれても私達にその気がなければあっさりそれを認めてくれる、気に入った物件について適格な情報を提供してくれました。

一番大変だったのは、物件購入を決めてからでした。価格の交渉や建物検査・弁護士とのやり取りなど等、只でさえ気を使う行程は全て英語になります。とはいえ、ダーシーはゆっくりと話してくれましたし、何か分からないことがあれば必ず美保さんがフォローを入れてくれたので、思いのほか言葉のスト レスは少なく済みました。

ダーシーがアレンジ(仲介)してくれて購入した家に住み始めて数ヶ月。周囲の環境といい、建物といい、とても気に入って快適に暮らしています。購入を決めた際、ダーシーの素早く、的確で、でも焦らせない、そんなアドバイスがなければ、こんな風に満足をしてここに住んではいなかったのではないか、と思うこと があります。

よい不動産業者・信頼できる人と出会う、ということは不動産購入成功に欠かせない要素だと学びました。