お薦めカフェ
2011.10.17

市内Aplin Street(アプリンストリート)のSpoonsは、美味しいコーヒーとお食事の両方を楽しめるカフェです。先週土曜日久しぶりにSpoonsブランチを楽しみました。サービスよし、味良し。ケアンズセントラルのコールズスーパーマーケット側の斜め向かいにあるこのカフェ、本物のカフェをお探しの方、ぜひお試しください。


その名も”Spoons’ breakfast”

ヨーグルト入りミューズリーとフルーツ。きれいにカッティングしたフルーツはどれも甘くて新鮮でした。
Spoons
4/46 Aplin Street Cairns QLD 4870
営業時間:
火曜~金曜 7am – 2.30pm  土曜 8am – 11.30am
***日曜、月曜、祝日はお休み

家のジョーク(あなたの家はどう見える?)
2011.09.07

オーストラリア人はジョーク好き。毎日のように友人達から様々なタイプのジョークがメールで送られてきますが、今回送られられて来たのは”Your house”という家に関するもの。ぜひこちらをご覧ください。

お薦め家具屋さん
2011.07.06

昨日はお客様をご案内してケアンズ市内の家具屋さん巡りをしてきました。ご案内したのはモダンな家具でお馴染みのフリーダム(Freedom)、電化製品も揃うハービーノーマン(Harvey Norman)、そして個性的な家具が見つかるノーザンインテリア(Northern Interiors)

ノーザンインテリアではソファーの布を自分で選ぶことも出来るとのこと。その選択肢の多さに驚いてしまいました。

オーストラリアの住宅では使用頻度が一番高い家具であるソファー、こだわって自分の好きな布で作って貰えるなんて最高ですよね!

オーストラリア・タクゼーション・オフィスの無料サービス
2011.06.21

オーストラリアでは会計年度は6月で終わり、7月に入ると前年度に収入が有った方はタックスリターン(前年度のタックス調整)を始めます。私達も会社を興して初めてのタックスリターンを迎え、現在準備をしていますが、お給料を受け取る側からお給料を(自分達に)払う側になり、会計上のことで質問が沢山。ATO(オーストラリア・タクゼーション・オフィス)のウエブサイトを見ていたら、小企業のサポートのため、ATOの係り員がオフィスまで出向いてくれて質問に答えてくれる無料サービスを見つけ、早速利用することにしました。弊社に来てくれたのはキャロルさんという女性とベブンさんという男性のペア。GSTについて、給与、スーパーアニュエーションについて、会社のインカムタックスについて等、「こんな簡単なことを会計士さんに聞くのは恥ずかしい」というような質問にも一時間に渡り丁寧にわかりやすく答えてくれました。また、わかりやすい資料も残してくれて、至れり尽くせり。興味の有る方は一度ウエブサイトを覗いて見てください。

ポートダグラスのお薦めイタリアンレストラン
2011.06.20

昨日の夕方からPort Douglas(ポートダグラス)へ。美しいFour Mile Beach(フォーマイルビーチ)やお洒落なお店が立並ぶMacrossan Street(マクロッサン・ストリート)を散歩していると、どこか遠くの国でリゾートを楽しんでいるような錯覚に陥ります。ケアンズから車でわずか一時間の距離ですが、ポートダグラスはケアンズとはまた違った魅力が有りますよね。昨夜初めて行ったマクロッサン・ストリートのイタリアンレストランBUCCIには大満足。

私は子羊のラザニアと海老の香草焼きを、ダーシーはグリルしたYellow Fin Tuna(キハダマグロ)とローストポテトを頂きましたが、どれも大変美味しかったです。サービスも良く値段も手ごろ、食後のコーヒーも美味しく、大満足のレストランでした。

お薦めのお花屋さん
2011.06.16

昨日が誕生日だった私にパートナーからお花のプレゼント。お花のギフトはどんな時でも嬉しいものです。ケアンズでお気に入りのお花屋さんはSheridan St(シェリダンストリート)にあるIvy(アイビー)というお店。アレンジメントもセンスが良くて、私もお友達やお客様にお花をプレゼントする時には必ずお願いするお店です。いつもトロピカルなお花ばかりを見ているケアンズでは、バラやユリ、ガーベラといった日本ではお馴染みのお花が逆に新鮮に見えますよね。Ivyのウエブサイトはこちらから

風邪をひいた時には?
2011.06.08

このところケアンズでは朝夕涼しい日々が続いているためか、周りでも風邪を引いている人をよく見かけます。
日本と違い、寒い冬が無いケアンズでは風邪薬のテレビCMを見る機会もありませんが、私は風邪を引いた時には、Day&Nightという風邪薬を使っています。

オーストラリアへ来てすぐの頃、当時のフラットメートのオーストラリア女性から薦められた薬で、彼女が言うには「お昼は起きて、夜はしっかりと眠れる」ような成分が入っているので、風邪を引いたからといって仕事を休めない人にはピッタリとのこと。風邪の特効薬は休養と栄養だとはわかっていても、なかなか仕事が休めないといった時にはDay&Nightはお薦めです。
Day&Nightを飲んでもなかなか風邪の症状がひかないので病院へ行ったところ、病院の先生から「Day&Nightを飲んでるのだったら、すぐによくなるはず。あとは家でゆっくりしていなさい」と言われて注射も薬も処方して貰えなかったことがあります。「何十ドルも診察料を取られて、何もしてもらえないの?」とがっかりしました。
Day&Nightは一般の薬局で購入できますが、他の薬との併用は出来ませんのでお気をつけください。

ケアンズの青空
2011.06.07

このところケアンズは素晴らしいお天気の日が続いています。
お天気の良い日のケアンズは本当にパラダイス。
雲一つ無い青空を見上げていると、その青さに吸い込まれそうな気がしてきます。
それにしても空はどうして青いのでしょう(小学生みたいな質問ですが)。
もしもこの空が、他の色だったら世界はどんなふうに見えるのでしょう。
灰色の空や、夕焼け空や、夜空の暗闇等、空にも色々有るけれど、空色と呼ばれるブルーの空がそこにあるというだけで、幸せな気持ちになれるのは私だけでしょうか。思わず空の写真を撮ってしまいました。

アート・パーティ
2011.05.28

金曜日の夜はLotusと名づけられたアート・パーティに行ってきました。
Westcourtにあるスタジオで行われたこのパーティの主役は、地元の女流画家Caroline Mudge (キャロライン・マージ)
キャロラインの絵が展示される会場では、彼女のパートナーのディスクジョッキーによる音楽もあり、お酒の販売も有って、来ている人達は素敵なアートと音楽に酔いも手伝って、夜遅くまで楽しいひと時を過ごしていました。

キャロラインの絵は日本のアニメの影響も受けているそうですが、とってもユニークで、それでいて力強く、見ている人に伝わってくるメッセージを感じます。

実はキャロラインは私の家の隣に済むお隣さん。小さな子供が二人居て毎日忙しく過ごしているキャロラインに、いつこんなに素敵な絵を描く時間が有ったんだろうと不思議に思いつつ、隣人として、また友人として、彼女の活躍を心から誇らしく思いました。

パーティで展示されていた絵は殆ど完売していましたが、興味のある方はぜひ彼女のウエブサイトを覗いて見てください。

Lipstick Palm (リップスティックパーム)
2011.05.23

ケアンズには色々な種類のパームツリー(椰子の木)が有りますが、私のお気に入りはリップスティックパーム。最初は緑色の普通の木ですが、大きくなると共に幹の色が口紅のように赤くなっていきます。天候が良いケアンズでは植物の育つのが早く、他のパームツリーがアッという間に大きくなるのに比べ、このリップスティックパームは大きくなるまでに時間がかかります。
3年前に苗で買った時に「育つまでに5年かかるよ」と言われたうちのリップスティックパームはやっと1.2メートルくらいになり、根元に赤い色が見え始めてきました。リップスティックパームは沢山の日光と水が必要だそう。乾季に入るこれからの時期、夕方の水遣りが日課になります。

カレンダー
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
アーカイブ